カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アニメ】米澤穂信『〈小市民〉シリーズ』TVアニメ化、2024年7月より放送開始!スタッフ&キャスト、PVが公開 (04/19)
【アニメ】ガンダム平成3部作こと『ガンダムGWX』の30周年プロジェクトが始動!第1弾で「機動武闘伝Gガンダム」の周年企画を展開予定 (04/13)
【アニメ】医療ミステリー小説『天久鷹央の推理カルテ』TVアニメ化決定!ティザービジュアル&特報映像が公開 (04/05)
【アニメ】『Re:ゼロから始める異世界生活』第3期は2024年10月より放送開始!新キャラ「リリアナ」役に山根綺さんが決定! (03/27)
【新作ゲーム】『東亰ザナドゥ 新プロジェクト』始動!《亰都》を新たな舞台とした完全新作タイトルとして開発中! (03/19)
【アニメ】稲作和風アクションRPG『天穂のサクナヒメ』が2024年にTVアニメ化!制作はP.A.WORKS、キャストはゲーム版から続投! (03/10)
【PS/Xbox/PC】『ペルソナ3 リロード: エクスパンションパス』が発表!後日譚「Episode Aegis」のリメイクを含む3つのDLCを順次リリース (03/07)
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]鉄のラインバレル > title - 鉄のラインバレル 第13話 『黒の執行者』 感想

鉄のラインバレル 第13話 『黒の執行者』 感想

鉄のラインバレル  第13話 『黒の執行者』より感想です。

鉄のラインバレル 第13話 『黒の執行者』

そして衝撃の展開へ。


前回のコメディ回のツケはそんなに大きかったの!?と言わんばかりのシリアス急展開。それも前半はサービスシーンやコメディを引き摺って恋愛話を匂わせておきながら、後半は一気にシリアスへ突っ込んでいきましたね・・・。『黒の執行者』って森次の異端化と絵美によるラインバレルの黒化とかけてるんでしょうか。とにかく衝撃的でした・・・。

鉄のラインバレル 第13話 『黒の執行者』1

前半パートは12話の理沙子と浩一のキスを引っ張って浩一を皆でからかうという展開。

浩一はどうしていいのか自分でも良く分からない状態、絵美は自分で気付かないけど嫉妬してる・・・というよりは好きな人の気持ちが他へ移ってる気がして面白くないみたい。
緒川さんに諭されて『どうしてそんな気持ちになるのか少し考えてみたら?』って言われてますけど、前回あれだけ浩一を好きだっていう雰囲気を出しておいてその気持ちに気付いてない?っていうのはどうなの。緒川さんが言うとおり自分の気持ちから逃げてるってことなのかな?

鉄のラインバレル 第13話 『黒の執行者』2

JUDAの皆さんあの時全員で盗み見してたんですか・・・しかも隠れてるって言わないですねこれは・・・気づかない浩一もどうかしてると思うけど(笑) よく見たら管理人さんまで(;´Д`)

冷やかす早瀬軍団とJUDAの面々。

元イジメっ子の降矢は道明寺と一緒におちゃらけたポジションを獲得。何気に早瀬軍団の一員としてしっかり機能してるところが^^; いろいろ好き勝手に言ってくれるJUDAの中でも美海の一言はきっつい・・・『がっかりだな、早瀬君には』ってそんな言い方されたらそりゃ落ち込みもします。浮かれるどころか悩みの絶えない浩一クン。ああ青春ってこんなにも難しい・・・(笑) でもイズナや美海、このままドロップアウトでいいの? ヒロインメンバーも理沙子がまさかの逆転で順位変動してるけど、絵美以外の二人にも頑張ってもらいたいところ。


今話で『楽しい』のはここまで。中編からラストにかけて急転直下のシリアスパート。

“迅雷”の配備を中心に勢力を拡大し続けるキリヤマ重工。その社長である桐山英治と学生時代からの親友であるという森次玲二の仲を冗談半分で揶揄する石神社長に、森次から静かに一言。

鉄のラインバレル 第13話 『黒の執行者』3

『・・・いえ。“同志”ですよ』

その直後銃声を聞き、駆け付けた浩一とサトルは、信じられない光景を目にする。

銃を構えた森次の姿と、頭を撃ち抜かれた石神社長の姿・・・。

てっきり森次が裏切るフラグなのかな?と思っていたらいきなりの展開に驚きました・・・。
石神社長の存命確率は普通なら0だと思うのですが、加藤機関に在籍していた事や、もしファクターだったらということを考えると一命を取り留めてもおかしくないかも。浩一も何で殺した!ではなくて『一体どうして社長にあんなことを!』でしたし・・・。機動戦艦ナデシコを見てるとガイの呆気ない銃殺シーンが頭をか掠めて、ロボットもので銃が絡んだ生死関係はトラウマです(;><)・・・あんまり関係ないですね^^;

当然のごとくサトルは発狂寸前・・・これまで森次がいた位置を境に崩れていくJUDAの内部と人間関係なんかが予想できてしまう。浩一を挑発するような森次の台詞からは単なる裏切りではない事も予想できるのですが・・・ラインバレルの覚醒を促すって意味もあったのだろうけど、その真意は不明。

鉄のラインバレル 第13話 『黒の執行者』4

『やっぱりあんたは、人の痛みも感じられない最低な人間だ!!』

『ならば、お前は感じる事ができるのか!肉体に痛みを感じない私が、唯一感じる痛みを!!
人の痛みを感じたところで、その痛みから救ってやれなければ、何の意味もない!』


森次と浩一の力の差は歴然。追い詰められるラインバレル。『正義の味方ごっこは終わりだ』って言うところからも察するに、理想だけでは何も救えないっていう森次の気持ちの表れなんだろうか・・・。前回の加藤との石神社長の台詞を皮肉っているようにも聞こえるなぁ・・・。

鉄のラインバレル 第13話 『黒の執行者』5

倒れたラインバレルと浩一を目にして、絵美が思い出す光景。絵美の父親は加藤に殺されたって事?ラインバレルに飛び移ってファクターとしてラインバレルを操作する絵美。機体は黒く変色、一瞬でヴァーダントの腕を切り落とすなどその力は森次をも圧倒。これじゃ浩一の立つ瀬がない・・・。

鉄のラインバレル 第13話 『黒の執行者』6

力を使い果たしたのか膝まづくラインバレル、撤退するヴァーダント。
重傷を負ってボロボロの浩一より、ラインバレルを再起動させて戦闘を終えた絵美の方が重体に見えるのはなぜなのか。絵美やラインバレルの秘密も今後語られそう。

鉄のラインバレル 第13話 『黒の執行者』7

特自の迅雷部隊が一斉蜂起した時はてっきり道明寺もこの一件に絡んでいた?と思ったけど違うみたいですね。ここまできて何で一般人の道明寺が特自に入隊したのか全く説明が無いのが気になります。説明を引っ張っていくのは何か特別な事情があるんでしょうか。




森次の裏切り、絵美のファクター覚醒と黒いラインバレル。もう恋愛沙汰なんてどこへやらでしたが、やっと物語の本筋に戻ってきたような展開でもあります。絵美がラインバレルを操る事ができるのは、父親の城崎天児がラインバレルを絵美に託した所に理由がある気もしますが、まだまだ秘密が隠されていそうですね。加藤機関にキリヤマ重工が敵勢力として加わった上、石神社長が倒れた中、絶対絶命状態からの浩一の主人公としての活躍に期待。今回は役割的にも絵美の引き立て役に終わってしまった感がありますが、きっと11話のような活躍を見せてくれると信じて・・・。




次回 鉄のラインバレル 第14話 『流れるは血、失うは涙』

鉄のラインバレル 第14話 『流れるは血、失うは涙』




<関連サイト>

鉄のラインバレル 公式サイト




sponsored link

この記事へのコメント

原作既読でも驚いてます - westernblack - 2008年12月28日 08:17:23

原作ファンも「え?ありゃりゃ?」なびっくり急転鬱展開!
ハッピー逆転と完全鬱ENDの両様の伏線を並べて見せ、これがポストギアスクオリティー!?
しかもハッピー逆転伏線の森次セリフについては、加藤の「成長させたい」フラグと連動しているという説も。おお、絶望だぁってまだわかりませんですが
道明寺に関しては今後何かの説明があるかもしれませんが、普通に浩一の観察役として送り込まれたとしても不思議ではないという気がしています。私の知人にも三十路で、やりようで中学生で通りそうなのがいましたから、年齢はいくらでもごまかせるでしょうし
他所でも書かせていただきましたが
特殊自衛隊というのはいわゆる特殊部隊とは意味合いが違うのでしょうが、現実の特殊部隊でも少なくとも外見上は人当たりがよくて社交的な人が多いと聞きます。なんでも潜入特殊工作の業務に必要なのだとか。また語学や各国事情に堪能でなければならないので、いわゆる脳みそ筋肉馬鹿にはつとまらないのだとか。髪型もよく知りませんが、やはり潜入工作の時はよく目にするスキンヘッド風にはしないのではないでしょうか
でも私も道明寺は桐山に「ようこそ!」と言われて照れくさそうな顔してたので、最初からクーデター組だと思ってましたので「あれまあ」(笑)な感じでした。今後の動向も気になりますそれでは失礼します
それでは失礼します

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2008年12月28日 16:32:43

>westernblackさん

サービス回見せたんだから次回は覚悟しなきゃならないという点はコードギアス譲りと言われれば確かにそう思えます^^; あの作品も浮き沈みが激しかったですからねぇ・・・(;´Д`)

森次の裏切りに関しては何らかの事情があるように思えますが、ラインバレルの覚醒を促すような浩一への挑発は彼自身の意思なのか、加藤や桐山に情報を提供する意味があってなのか、まだまだ真相は不明という感じでしょうか。石神社長の生死によっても変わってくるとは思いますが・・・きっと生きてますよね・・・;;

道明寺の潜入スパイ、考えられなくもありませんね。まだ理由が何も明かされていないので、いろいろと推察してしまいますね~(^^)

- ヴィー - 2008年12月28日 21:32:55

2クール目へ向けて一気に急展開でしたね。
話そのものはギアスみたいに無駄に複雑にしたり観念的にしてないので矛盾やツッコミどころはそうありそうに無いですが。

海岸でのキスは、先週の絵の段階でここまで描かれてるのかと思ったら笑いが止まらなくなりました。
絵美は、前回はあくまで感謝の気持ちからの恋愛未満なんじゃないですかね。
私の中では天然ぶりを発揮する聖母みたいな位置づけになってます(笑)

今までもそれなりにネタ解説はされてきたので、今回の謎も順次解説されていくのでしょう。

原作の0巻買いましたが、番外編として前回の南の島が収録されていました。
個人的には同時収録の短編に全部持っていかれた感じです。
機会があれば0巻だけでも是非。

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2008年12月29日 01:46:56

>ヴィーさん

絵美は天然みたいな所が確かにありましたね^^; 結構良い雰囲気と思ったら、まだ自分の気持ちに気付いてないという所でしょうか。

それにしてもストーリーの明暗の落差が大きいのはやっぱりコードギアスを意識する部分がありますね。一本サービスに使ったら次回は要注意!というような(;´Д`) とにかく衝撃的でした。

原作はアニメとは違った展開ということで、機会があればぜひ読んでみたいと思います(^^)

トラックバック

在宅アニメ評論家 - 2008年12月27日 19:41

鉄のラインバレル #13 黒の執行者

まさかの森次さん裏切り!?  怒涛の展開を見せる今年最後のラインバレルです。

らび庵 - 2008年12月27日 19:46

鉄のラインバレル 第13話「黒の執行者」感想

森次さん、何やってるのよ(ρ_;)

この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・ - 2008年12月27日 19:49

鉄のラインバレル 第13話 「黒の執行者」 感想

正義の味方ごっこは終わりだ 鉄のラインバレル 第13話 「黒の執行者」 の感想です。

ゼロから - 2008年12月27日 19:58

鉄のラインバレル #13 「黒の執行者」

理沙子とのキスシーンが頭に蘇ってきてさあ、大変な浩一。絵美は、無表\\情なので怖いですよ。

紅蓮の煌き - 2008年12月27日 22:58

鉄のラインバレル 第13話 「黒の執行者」

鉄のラインバレル 第13話感想です。 まさに急転直下の急展開

Lounge ”Himajin” Killer - 2008年12月28日 00:18

鉄のラインバレル 第13話「黒の執行者」感想

前回のサービス回からギクシャク恋愛回かと思いきや・・・

八月の鍵 - 2008年12月28日 00:19

鉄のラインバレル 第13話「黒の執行者」感想

鉄のラインバレル 第13話「黒の執行者」の感想です。

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter
ブログ内 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア